2021/5/8 15:15

「不貞その後」の不公平さ...俳優「棒演技」「大根役者」も、映画監督の目には魅力的に...

東出昌大

今秋公開の映画「草の響き」で3年ぶりに主演を務める東出昌大。東出は「棒演技」と世間から揶揄されることが多い役者だが、映画監督からの覚えはめでたいようで、気に入った役者しか起用しないと言われている黒沢清監督の「散歩する侵略者」「スパイの妻」に出演。ネット上では「一般人には理解できない」「映画監督の目には魅力的な役者に映っても、多くの市民には大根役者にしか見えない」といった痛烈な声が多数あがったことも。ともあれ、東出の映画主演ニュースと同時期に、不貞相手だった唐田えりかが連載ページを持っていた専門誌「日本カメラ」が休刊を発表。4月20日発売の最終号に掲載された唐田の原稿に注目が集まっているとアサジョは報じた。

東出昌大は映画主演発表、唐田えりかは休刊する「日本カメラ」に意味深寄稿 – アサジョ東出昌大は映画主演発表、唐田えりかは休刊する「日本カメラ」に意味深寄稿 – アサジョ

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(東出昌大|男性|1988/02/01生まれ|埼玉県出身)