2021/5/7 14:27

あまりにも出来すぎ…「近藤真彦の不倫を文春にリークしたのは滝沢サイド」の噂

近藤真彦Amazon

2020年11月に『週刊文春』(文藝春秋)に報じられた不倫疑惑によって芸能活動を自粛していた近藤真彦が、2021年4月をもってジャニーズ事務所を退所した。
旧世代の象徴的存在だったという近藤の退所について、音楽業界関係者は
「近藤がいなくなったことで、ジャニーズの世代交代は一気に加速するでしょう。滝沢秀明副社長を中心とした体制がより強固になっていくことが予想されます」
と話す。
新しいジャニーズ事務所経営陣の顔である滝沢副社長にとっては、まさに近藤の退所は願ったり叶ったりと言ったところかもしれないが、前出の関係者は
「不倫で信頼を失ったあとに、身勝手な形で退所し後輩に批判されるというのは、近藤を追い出すには見事すぎるくらいのシナリオです。あまりにも出来すぎなので、近藤の不倫を文春にリークしたのは滝沢サイドなのではないか……なんていう噂まで浮上しているくらい。
いずれにしろ、結果的に近藤を退所に追い込めたのは、滝沢にとっては本当に大きい。近藤をよく思っていなかった若手ジャニーズもスタッフもファンも、間違いなく滝沢支持に回るでしょう。ジャニーズ事務所内でも、いまさら近藤を擁護しようものなら、居場所がなくなってしまうはず。滝沢副社長の求心力がどんどん高まっていきます」
とも話していたと「日刊サイゾー 」が報じている。

ジャニーズ事務所・滝沢秀明副社長、近藤真彦を退所にまで追い込み盤石の体制へ? 世代交代は加速か|日刊サイゾー ジャニーズ事務所・滝沢秀明副社長、近藤真彦を退所にまで追い込み盤石の体制へ? 世代交代は加速か|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部