2021/5/6 16:41

コロナ不倫により『無期限謹慎処分』→たった3カ月で復帰していた

不倫

プロ野球・千葉ロッテマリーンズの清田育宏選手が5月1日より無期限謹慎処分が解除され、活動を再開。
清田は昨年、公式戦期間中の札幌遠征で、内規を破り不倫関係にあった女性を宿舎に呼んで密会、食事。
その後、新型コロナウイルスの感染が判明したが、球団に行動履歴について虚偽申告していたことが後に週刊誌報道で発覚、今年1月15日より無期限で謹慎処分を受け、2月のキャンプも参加していなかった。
球団は謹慎中に清田が長期化するコロナ禍で負担が増えた方への基金に寄付したことなど態度を考慮、解除したというが、プロ野球OBは「たった3カ月で解除とは、またプロ野球界の甘さがにじみ出た裁定ですね」「確かに不倫したことや、女性と密会したことは彼に否がある。ただ、それよりも問題だったのは球団に対して虚偽申告を行った点です。球団は当初、契約解除も視野に検討していたが結局、謹慎というユルい処分のみ。これではファンはもちろん、周りも『甘いよね』となってしまう。今後の信用、信頼もあったもんじゃないですよ。他球団で今後、同様の事例が出た時も大甘裁定をせざるを得ないかもしれない」
と話していると「日刊サイゾー 」が報じている。

ロッテ清田、コロナ不倫からひっそり復帰も「大甘処分」に大ブーイング|日刊サイゾー ロッテ清田、コロナ不倫からひっそり復帰も「大甘処分」に大ブーイング|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部