2021/5/6 11:15

衝撃映像にお茶の間凍る『イッテQ』本気の放送事故「ご飯吐きそうになった…」

びっくり

毎日放送しているテレビには、思いがけないハプニングがつきもの。今回は、2021年に起こったテレビの放送事故をご紹介しよう。1月31日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、お茶の間を凍らせる映像が流れ、視聴者が戦慄する一幕があった。この回では、イモトアヤコが静岡県内の昆虫自然観察公園を訪問。館長は学芸員を呼び出し、ゴキブリを紹介した。学芸員はイモトにゴキブリを次々と紹介し、音を鳴らすマダガスカルゴキブリ、敵から逃れるために丸くなるヒメマルゴキブリ、干し椎茸の匂いがするというブラベルスギガンテウスを見せていく。それに対し、イモトは抵抗なく片手にのせ、手でなでてみせた。この放送に、視聴者からは《ゴキブリのところだけ薄目で見ました》《イッテQ軽く放送事故だろwwwwwwww》などといった悲鳴があがったとまいじつは報じた。

『イッテQ!』衝撃映像にお茶の間凍る…2021年に巻き起こった放送事故 - まいじつ『イッテQ!』衝撃映像にお茶の間凍る…2021年に巻き起こった放送事故 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部