2021/5/5 19:26

きょう『スッキリ』医師が「やってられない」こぼした本音…「刺さる」の声

病院

5日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に、日本感染症学会指導医の水野泰孝医師が出演。夜通し複数人で飲酒したうえ発熱した患者を診察した際、思わず感じてしまったことを明かした。

水野医師は「我々、医療者の立場から、患者さんを責めることはできない」「お店だけを責めてもいけません」と前置きしたうえで、「こういった方がすごく多い」と明かす。「先日もそうなんですけれど、夜通し10時間くらい、10人くらいで外で飲んでいたという方が熱を出して来られた。本当にもう…やってられないんですよね、はっきり言って」「『何で?』って思ってしまって。私もずっと1年間やってきて、本当にそれを聞くと、何のために私は診療しているのかと…」と、医療者の本音を明かした。

ネット上で「水野先生の『やってられない』は、全医療関係者の本音だろうな」「水野先生がああまで言うのは本当によっぽどなんだよなぁ」という声が上がった。また、「水野先生の話が刺さる。スクランブル交差点で流してほしいくらい」「命懸けで治療にあたってる中で…人間なら誰しもそう思うだろう。医療者ならその言葉の重みも違う」といったコメントも多数見受けられたとしらべぇが報じた。

『スッキリ』夜通し飲んだ人が発熱 医師がこぼした“一言”に考えさせられる – ニュースサイトしらべぇ『スッキリ』夜通し飲んだ人が発熱 医師がこぼした“一言”に考えさせられる – ニュースサイトしらべぇ

編集者:いまトピ編集部