2021/5/5 14:44

イメージ最悪「嫌いになった」人気俳優、批判続出...「爽やかな」「好青年」とは真逆

竹内涼真

俳優の竹内涼真が、本当の自分の姿と世間がイメージする自分が乖離しているとの悩みを明かし、話題になった。竹内は4月21日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)にゲスト出演。番組内で竹内は「認知度が上がっていくと窮屈になる」との本音を漏らしたうえ、好青年役を多く演じてきたことで、本当の自分とは違う爽やかなイメージが持たれていることへの苦悩を語った。竹内が本来の自分と世間から持たれるイメージのギャップや「認知度が上がっていくと窮屈になる」との不満を明かした背景には、“二股疑惑騒動”や“Uber Eatsにブチギレ記事”が深く関わっているのかもしれないとウェジーは報じた。

竹内涼真、「本当の自分」と「世間からのイメージ」のギャップに苦悩 好青年イメージが招いた大バッシング騒動 - wezzy|ウェジー竹内涼真、「本当の自分」と「世間からのイメージ」のギャップに苦悩 好青年イメージが招いた大バッシング騒動 - wezzy|ウェジー

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(竹内涼真|男性|1993/04/26生まれ|A型|東京都出身)