2021/4/17 12:20

「政府批判」俳優、時短破りの「3軒はしご酒」何ら説得力ない、他人に厳しく自分に甘い、批判殺到

松尾貴史

俳優でコラムニストの松尾貴史が緊急事態宣言下の繁華街にて「時短破りのはしご酒」に興じていたという。4月13日発売の「FLASH」が報じている。「松尾は、今年2月には本来20時で閉店しなければならないはずの銀座クラブで深夜まで盛り上がっていた政治家らを非難し、『国民も見くびられたものだ』『何という低俗な集団』とも言い放っています。そうした舌鋒の鋭さがありながら、自らも緊急事態宣言下に深夜まで時短破りのはしご酒をしていたことが写真付きで報じられ、ネットでは『他人に厳しく自分に甘いというしかない。このような行動をする人が政府批判をしても何ら説得力ない』などと批判が殺到。なぜ20時以降にも2軒で飲むことができ、閉店しているはずの店にも入店していたのかは気になるところですね」とテレビ誌ライターは話したとアサジョは報じた。

論客・松尾貴史、時短破りの「3軒はしご酒」に寄せられた批判の「辛辣中身」 – アサジョ論客・松尾貴史、時短破りの「3軒はしご酒」に寄せられた批判の「辛辣中身」 – アサジョ

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(松尾貴史|男性|1960/05/11生まれ|兵庫県出身)