2021/4/17 11:06

玉木宏、主演『桜の塔』唐突な謎シーン、広末涼子を...「さすがにそれはあかんやろ」空気を凍らせる

玉木宏

4月15日より、玉木宏が主演のドラマ『桜の塔』(テレビ朝日系)がスタート。玉木が広末涼子を勢いよく投げ飛ばすシーンがあり、視聴者の度肝を抜いていた。突然の女性に対する暴力、しかも異様にキレイな柔道技にネット上では《このご時世になんてことを》《さすがにそれはあかんやろ》《急に広末を投げたことしか記憶に残ってないw》などといったツッコミが殺到した。「同作の脚本は、武藤将吾氏。『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)などで知られ、シリアスなシーンで唐突な謎シーンを挟み、空気を凍らせることを得意としています」などと芸能記者は話したとまいじつは報じた。

玉木宏『桜の塔』女性への理不尽暴力に「ひでえ!」「このご時世に…」 - まいじつ玉木宏『桜の塔』女性への理不尽暴力に「ひでえ!」「このご時世に…」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(玉木宏|男性|1980/01/14生まれ|A型|愛知県出身)