2021/4/17 08:46

NHK「とてもプロとは思えなかった」放送事故...「沈黙」「無言」謝罪なし

頭を抱える

15日に放送された「シブ5時」(NHK)。18時台2本目のニュースが伝えられた後に、ハプニングは発生した。MCの阿部アナウンサーが原稿を探し始める素振りをしていると、ADと見られる女性がフレームイン。その後も該当の原稿は見当たらず、 ADの女性も行ったり来たり。結局、当初予定していたニュースは読まれることはなく、それを飛ばして次のニュースが読まれた。約26秒もの沈黙があり、視聴者もハラハラして見守る結果となってしまった。視聴者からは、≪事態が悪化させたのは完全にアナウンサーの無言。とてもプロとは思えなかった。≫≪アナウンサーがニュースの原稿がわからなくなり、その間繋ぎや謝罪の言葉を入れずに原稿をただ入れ替え続け為に無言進行≫など、様々な声が寄せられていたとquick-timezは報じた。

NHK『シブ5時』、26秒も沈黙が起こる放送事故に視聴者絶句NHK『シブ5時』、26秒も沈黙が起こる放送事故に視聴者絶句

編集者:いまトピ編集部