2021/4/12 07:21

生放送で襲われ…『笑っていいとも!』無理矢理キスをし、出禁に…完全に放送事故

膝

『おしん』や『渡る世間は鬼ばかり』などテレビドラマの脚本を手掛けた橋田壽賀子さんが4月4日、急性リンパ腫のため静岡県内の自宅で亡くなった。95歳だった。
橋田さんがバラエティタレントとして知名度を上げたのはフジテレビの『笑っていいとも!』にレギュラー出演が決まってから。だが、突然トラブルに巻き込まれることもあった。それが俗にいう「江頭2:50事件」である。
橋田さんの目の前に現れた江頭は「俺はお前がムカつく!」「でも好きだった!」とかみついた。すると、橋田さんは「あっ!トルコで裸になってた人だ」「私はあなたの前にトルコに行ってて……」と、江頭が以前に起こした不祥事について、しつこく聞いてきた。江頭は1997年にトルコで全裸パフォーマンスを行い逮捕され、罰金刑を受けるという事件を起こしている。江頭は「口封じ」の意味で橋田さんに無理矢理キスをした。後に江頭はコーナーを進行させるため仕方なくキスをした、と振り返っているが、突然の江頭のキス攻撃に橋田さんは完全に怯えてしまっており、江頭は13年間『笑っていいとも!』を出禁になったとリアルライブが報じた。

【放送事故伝説】橋田壽賀子さんが江頭2:50に襲われる!伝説の生放送とは | リアルライブ【放送事故伝説】橋田壽賀子さんが江頭2:50に襲われる!伝説の生放送とは | リアルライブ

編集者:いまトピ編集部