2021/4/11 21:57

突如、離婚「ショックのあまり絶句」突然出て行ってしまったと…

結婚

テレビドラマ『北の国から』の黒板五郎役で知られた俳優の田中邦衛さんが、先月、88歳で亡くなっていた。

長男・純役を演じていた吉岡秀隆は、02年9月に放送されたシリーズの最終作となった『北の国から2002遺言』での共演を機に交際していた内田有紀と同年12月にゴールインを果たした。内田は結婚を機に、女優業を休業。そのまま幸せな結婚生活を送るかと思われたが、05年12月に突如、離婚した。その後、内田は芸能界復帰を果たした。

映画業界関係者は「吉岡はいち早く田中さんに報告したようですが、ショックのあまり絶句していたそうです。なんでも、内田が置き手紙をして突然出て行ってしまったのだとか。一部では吉岡のDVが報じられましたが、それは否定していたそうです。田中さんは“『北の国から』離婚”などと書き立てられたことにも、吉岡の胸中をおもんぱかって悲しみに暮れていたそうです」と話していると日刊サイゾーが報じた。

田中邦衛さんが絶句…心を痛めた吉岡秀隆と内田有紀の“『北の国』から離婚”|日刊サイゾー 田中邦衛さんが絶句…心を痛めた吉岡秀隆と内田有紀の“『北の国』から離婚”|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部