2021/3/7 22:00

結婚間近のKEIKOと北川悠仁、破局せざるを得なかった…早すぎる再々婚に「略奪婚」を疑う声

ウェディングドレス

音楽プロデューサーの小室哲哉とglobe・KEIKOの離婚が2月26日に成立した。
KEIKOは1999年5月にゆず・北川悠仁との熱愛を『FRIDAY』にキャッチされている。芸能ライターは「報道を受け、お互いの事務所は交際を認めるコメントを発表し、それぞれの両親にも紹介済みだったとか。また、01年には米・ハワイで再び同誌にキャッチされ、globeのハワイレコーディングに北川も同行していたよう。周囲からは結婚も間近といわれていたといいます」といい、「一部では、新興宗教の教祖である北川の母親が結婚に猛反対し、破局せざるを得なかったと報じています。北川との結婚を本気で考えていたKEIKOは深い傷を負ったものの、同年同月に前妻・吉田麻美と離婚したばかりの小室氏がKEIKOを支え、およそ7カ月後にスピード結婚。一部では小室氏の早すぎる再々婚に“略奪婚”を疑う声も上がりました」と話しているとリアルライブが報じた。

結婚間近のKEIKOとゆず・北川は破局せざるを得なかった? 猛反対したのは母親か【芸能界、別れた二人の真相】 | リアルライブ結婚間近のKEIKOとゆず・北川は破局せざるを得なかった? 猛反対したのは母親か【芸能界、別れた二人の真相】 | リアルライブ

編集者:いまトピ編集部