2021/3/6 13:36

羽生結弦、批判殺到「嫌がる浅田真央に...」セクハラ強要、共犯か

NG

2月25日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委の新会長に就任した橋本聖子氏の「新たなセクハラ」を報じ、話題を呼んでいる。「同誌では、橋本氏が日本スケート連盟会長(当時)で選手団団長を務めた2014年ソチ五輪閉会式後に、選手村で開かれた打ち上げパーティーで酒に酔い、フィギュア男子代表の高橋大輔に抱きつき、キスをする写真も掲載されていました。さらに今回の記事では、ソチから帰国した後の記念品贈呈式で、女子フィギュアの浅田真央に、安倍晋三総理(当時)との『ハグを強要していた』ことが指摘されています。この現場は政府インターネットテレビの動画に残っており、嫌がる浅田に何度もハグを勧め、最後は硬直した状態で安倍氏に触れられる様子が映っています」と週刊誌記者。そんななか、セクハラ強要の「共犯」扱いされているのが、同じく男子代表の羽生結弦。「橋本氏に安倍氏とのハグを強要され、逃れようとした浅田が『じゃあユズくん』と羽生に振ったところ、『僕がしたら真央ちゃんもしないと』とまさかのブーメランに。最終的に嫌がる浅田がハグをせざるを得ないように仕向けたのが羽生だったことを世間が問題視しています」と週刊誌記者は話したと日刊サイゾーは報じた。

「セクハラ」を援護射撃⁉ 浅田真央に安倍総理とのハグを仕向けた羽生結弦に批判殺到|日刊サイゾー 「セクハラ」を援護射撃⁉ 浅田真央に安倍総理とのハグを仕向けた羽生結弦に批判殺到|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部