2021/3/4 07:30

『スッキリ』加藤浩次、否定も時間差で終了か...「加藤浩次を潰すため」

いまトピ

2月25日、極楽とんぼ・加藤浩次がラジオ番組にて、自身の「粛清」報道について言及した。番組で相方の山本圭壱から振られた加藤は、冒頭のようにまくし立てて否定。一番下の娘に『パパは粛清されるの?』と心配されていることを明かしていた。

しかし、TBSの動きをみると、「粛清」でなくとも吉本への「忖度」はしていそうだという。放送作家が明かしている。
「TBSでは春の改編で朝の情報番組『グッとラック!』が終了し、『ラヴィット!』がスタートする予定。MCには吉本芸人である麒麟・川島明が起用されたことから、業界内では裏番組の『スッキリ』(日本テレビ系)でMCを務める加藤を潰すためではないかと見られているんです。また、『グッとラック!』は20年9月からロンドンブーツ1号2号・田村淳、12月からノンスタイル・井上裕介が加わっており、その矢先の番組終了となったことで吉本に大きな借りができてしまった。TBSは過去に元SMAP・稲垣吾郎が出演していた『ゴロウ・デラックス』を少し時間が経ってから終了させていますが、これもジャニーズへの忖度だったと見られています。加藤の残りのレギュラー番組『人生最高レストラン』『がっちりマンデー‼』も時間をかけて終了させる可能性もありそうです」

と日刊サイゾー が報じた。

加藤浩次、「粛清」否定もTBSの「忖度」で残りの2番組も時間差で終了?|日刊サイゾー 加藤浩次、「粛清」否定もTBSの「忖度」で残りの2番組も時間差で終了?|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部