2021/3/3 09:31

水卜麻美の…変わりっぷりがヤバい「かなり深刻な問題」松本人志も終了

水卜麻美Amazon

3月2日放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)で、番組初となる恋愛ドキュメント企画「幸せ!ボンビーLOVE~こんな私でも好きになってくれますか?」の完結編が放送された。
2月23日の放送で、いきなり企画の全貌が明らかになった『ボンビーLOVE』だが、大波乱だった。今までの『ボンビーガール』のテイストとはまったく違う恋愛ドキュメントもので、番組ロゴやスタジオセットもチェンジ。レギュラー陣も水卜麻美アナウンサー(33)と劇団ひとり(44)しか出演せず、さらにはナレーションまで変更。オープニングのタイトル表示を見逃したら、『ボンビーガール』とは思えないほどの変わりっぷりだった。
『ボンビーガール』は、ロケ企画もウリのひとつだった。しかし今、コロナ禍でロケを行うのが非常に難しくなっているという。
制作会社関係者は、「ダウンタウンの松本人志さん(57)の番組『松本家の休日』が3月20日の放送で終了すると発表されましたが、放送するABCテレビがコロナ禍でロケの継続が難しいことを理由に、ピリオドを打つとしていました。松本さんも2月20日の同番組の放送の中で、“いろいろ理由があるのよ。大阪街ブラがコンセプトの番組やったんですが、1年以上できてなくて。この先も見込みも立たないというなかで、いったんちょっと“と語っていましたよね。また、視聴率も悪くはなかった『火曜サプライズ』(日本テレビ系)も、3月いっぱいで終了しますが、これもコロナ禍での街ブラ収録が困難だからだといいます」と話す。
バラエティ番組の基本とも言われるロケ番組だが、今の流れが続けば、コロナが終息しても、そのときロケ文化そのものが死滅してしまっている可能性がある。テレビ界にとっては、かなり深刻な問題だと思われると日刊大衆が報じた。

水卜アナ『ボンビーガール』大迷走!!松本人志番組も…「ロケ番組が死んだ」! | 概要 | 日刊大衆 | 芸能 | ニュース水卜アナ『ボンビーガール』大迷走!!松本人志番組も…「ロケ番組が死んだ」! | 概要 | 日刊大衆 | 芸能 | ニュース

編集者:いまトピ編集部