2021/3/2 19:16

中条あやみ「普通にメンヘラ」「ゴミでしかない」「イライラする」自己中キャラに批判殺到

中条あやみ

2月28日、俳優・竹内涼真主演の連続ドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)の第7話が放送された。視聴者からは、中条あやみが演じるヒロインに対する批判の声が殺到している。「ドラマ登場人物みんな全く魅力無い」物語のヒロインであるが、主人公サイドの足を引っ張っているばかりの役柄に対して、視聴者からは
《キミセカのヒロインめっちゃイライラする》
《くるみって思い込み激しいし普通にメンヘラだよね》
《ゴミでしかないやん》
《くるみはゾンビよりひどい。医者なのに人間刺すなんて》
といった批判的な声が相次いでいると、デイリーニュースオンラインが報じた。

『キミセカ』中条あやみの“自己中キャラ”に批判「イライラする」(1ページ目) - デイリーニュースオンライン『キミセカ』中条あやみの“自己中キャラ”に批判「イライラする」(1ページ目) - デイリーニュースオンライン

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(中条あやみ|女性|1997/02/04生まれ|O型|大阪府出身)