2021/3/1 16:02

木下だけではない「遅咲きブレイクの『女優M』」「ピンで活動しているT」イジメ加害者か「かなり具体的な内容」

切ない

新型コロナによる混乱も収まらない中、韓国では“イジメ告発”が社会問題化している。
ことの発端は、韓国バレー界でアイドル級の人気を誇るイ・ダヨン、ジェヨン姉妹が突然、10年前の校内暴力を告発されたことだという。
イ姉妹はネットの掲示板に告発文を掲載され、すぐに内容を全面的に認めて謝罪文をSNSに投稿したが、炎上は収まることなく、韓国バレーボール協会は国家代表権を剥奪すると発表。所属チームも姉妹の試合出場を無期限停止とした。
この事件をきっかけに、スポーツ界や芸能界の著名人に関するイジメ告発が続々行われており、『梨泰院クラス』に出演したことで知られる俳優キム・ドンヒ、K-POPアイドルの(G)I-DLEのスジン、SEVENTEENのミンギュ、ソロ歌手のヒョナなどが相次いで槍玉に挙げられ、それぞれが対応に追われる事態となった。
日本でも、過去にイジメの加害者だったのではないかと疑惑の目を向けられている芸能人もいるといい、芸能記者は
「最近だとTKOの木下隆行が後輩芸人へのパワハラで事務所をクビになったけど、あそこまでじゃないにしろ吉本とかにもスレスレの人間は結構いる。ピンで活動しているTとかは、後輩芸人をよく殴るなんて話は聞こえてくる。あと、昔『R-1ぐらんぷり』の裏で霜降り明星の粗品が小道具のフリップを破られてた事件があったんですけど、それもどうやら芸人仲間の仕業だったみたいで……。それから最近ちょっと気になったのが、遅咲きブレイクを果たした女優のMにイジメられていたっていう書き込みが某掲示板に書かれていて、それがかなり具体的な内容だった。小学生時代の話だったみたいだけど、イジメ首謀グループにMがいたとかで。まあ、ネットの書き込みだから真偽はわかりませんが……」
と話す。
対岸の火事と思っていたが、日本の各界にも火種がないとは言い切れないようだと「日刊サイゾー 」が報じている。

韓国“イジメ告発”相次ぎK-POP界が大炎上! 日本にも飛び火の可能性 女優Mにイジメ疑惑が?|日刊サイゾー 韓国“イジメ告発”相次ぎK-POP界が大炎上! 日本にも飛び火の可能性 女優Mにイジメ疑惑が?|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部