2021/3/1 07:37

松本人志、引退か

疲労

ダウンタウンの松本人志が、「週刊朝日」2021年3月5日号(朝日新聞出版)で、自らのことをメジャーなテレビタレントではなく「サブカルチャーの人」と定義したうえで、いつか来る引退の日を見据えたような発言をしている。今年58歳になる松本人志。芸能人なので定年はないが、会社員の場合はそろそろ定年後の「第二の人生」について考え始める年齢だろう。松本はこれまでも自身の「引退」への考えを語ったことがあり、古くは約30年前にまでさかのぼることができる。松本が最近しきりに語る「引退」に関しても、それは「芸人引退」というよりも「テレビタレント」からの引退であって、その後は、舞台なり動画配信なり、より届けたいターゲットを絞った表現を追求するということなのかもしれないとウェジーは報じた。

松本人志の引退プランに変化? 「第二の石橋貴明」になるのか - wezzy|ウェジー松本人志の引退プランに変化? 「第二の石橋貴明」になるのか - wezzy|ウェジー

編集者:いまトピ編集部