2021/2/28 08:30

テレビから消えた「あの二世タレント」の現在…夫からのDV告白も、爆稼ぎしていた

お金

2010年代に彗星のごとく芸能界に現れたタレントの紅蘭。
紅蘭が一躍ブレイクするきっかけになったのは、2013年6月に放送された『有吉反省会』(日本テレビ系)でのこと。父が名俳優の草刈正雄(68)という芸能サラブレッドながら、紅蘭は番組で露出度の高い服や派手なメイクで官能的なダンスを披露した。
こうして認知度を高めた紅蘭は、『ダウンタウンDX』や『メレンゲの気持ち』、『踊る!さんま御殿!!』(いずれも日本テレビ系)といった有名番組に続々出演していたった。
さらに、2018年12月には事実婚相手のラッパー・RYKEY(33)との間にできた第1子となる女児を出産。公私ともに幸せをつかんでいた。誰もが羨む生活を送っていたはずの紅蘭だったが、思わぬ急転が訪れる。2019年7月発売の『週刊新潮』(新潮社)で紅蘭は、RYKEYから包丁を突きつけられる、携帯を壊される、罵詈雑言を浴びせられるといったDVに悩んでいることを打ち明けたのだ。
RYKEYは2019年7月に知人へ暴力をふるった容疑で現行犯逮捕されており、この一件も『週刊新潮』での告白につながったという。同月中に紅蘭はインスタグラムでRYKEYとの破局を報告した。
RYKEYと別れた後はテレビでもあまり姿を見かけなくなった紅蘭だが、仕事の主戦場がビジネスに移っているという。紅蘭さんは、『Brosky』という会社を立ち上げて社長を務めている。そこでパーソナルトレーナーとしての仕事や、ジュエリー、コスメ用品の販売を行っていると日刊大衆が報じた。

“夫”からのDV告白も…TVから消えた草刈正雄娘の「爆稼ぎ」実態! | 概要 | 日刊大衆 | 芸能 | ニュース“夫”からのDV告白も…TVから消えた草刈正雄娘の「爆稼ぎ」実態! | 概要 | 日刊大衆 | 芸能 | ニュース

編集者:いまトピ編集部