2021/2/27 11:42

2歳児がCDデビューも「幼児を金儲けに使ってるとしか思えない」「贈り物を欲しがっている」「子どもを商売道具にしている」

びっくり

史上最年少の2歳11カ月で童謡歌手としてCDデビューした〝ののちゃん〟こと村方乃々佳が話題になっている。ののちゃんは、2018年5月31日生まれ。2歳5カ月で『第35回 童謡コンクール こども部門』に出場し、「いぬのおまわりさん」を歌って史上最年少で銀賞を受賞。1月4日に、公式YouTubeチャンネル『ののちゃんねる』を開設し、現在までに登録者数は31.8万人を超えるなど大人気になっている。しかし、ここに来てののちゃんがCDデビューしたことから、

《最初は微笑ましくYouTube見てたけど、その後、次々とアップされる動画を見ると、だんだん複雑な気持ちになってきた。幼児を金儲けに使ってるとしか思えない》
《普通の2歳児が元気よく歌ってるだけなのに、今やかわいそうに見えるのは自分だけかな? 幼い子どもを大人の金儲けの道具にしないでほしい》

などと、批判的な声が急増しているとまいじつは報じている。

最年少CDデビュー2歳児“ののちゃん”に批判…「完全に親のエゴ」 - まいじつ最年少CDデビュー2歳児“ののちゃん”に批判…「完全に親のエゴ」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部