2021/1/26 13:50

森七菜、崩壊か

森七菜Amazon

1月24日、大手芸能プロダクション・ソニー・ミュージックアーティスツが、女優・森七菜とエージェント業務提携を結んだことを正式発表した。
だが、その舞台裏について26日発売の週刊誌「FLASH」(光文社)が報じたことで、ネット上では森の今後を危ぶむ声が広まっているという。
業界内でも「21年ブレーク女優候補」と推す声があり、注目度は上昇するばかりだった森だが、1月14日、突如として公式Instagramと前所属事務所・アーブルのホームページ内のプロフィールが削除され、ネットを大いにざわつかせることに。
同誌が報じた記事を見る限り、今回の移籍は「円満だった」とは言い難いといい、森は昨年3月、高校を卒業したことを機に地元・大分から上京したが、その頃から「母親が東京での仕事に絡むようになった」とのこと。
ドラマ製作スタッフによると、母親は「明るい茶髪で、とにかく派手な印象」であり、「森さんに現場で指示を出したりして、違和感がありました」という。また、通常、女優が独立や移籍する際は「『懇意のマネージャーも一緒に』という形が非常に多い」とのことだが、恩人のマネージャーと決別しての移籍ならば、「業界で“掟破り”とされる引き抜き」であり、未成年の森の契約には保護者の同意が必要なことを含めて、同誌は「母親が移籍を後押ししたのは間違いありません」とも報じているという。
本人の意向ではないのかもしれないものの、結果的にアーブルに対して“恩を仇で返す”ことになってしまった森。これまでの清純派女優としてイメージが崩壊する可能性もあると「エンタMEGA」が報じている。

森七菜、「茶髪ステージママ」が“常識外れの移籍”を後押し!?|エンタMEGA森七菜、「茶髪ステージママ」が“常識外れの移籍”を後押し!?|エンタMEGA

編集者:いまトピ編集部