2021/1/26 13:26

困惑『紅白歌合戦』10回出場の人気歌手…「あれ全部ウソっぱちだったの?まさか捕まっていたなんて」

紅白歌合戦Amazon

1月12日、演歌歌手・大月みやこ(74)の妹を装い、知人から現金をだまし取ったとして、世田谷区の無職、梅原幸子容疑者(72)が詐欺の疑いで逮捕された。
梅原容疑者は、2017年から翌年にかけて、容疑者は知人の女性に“姉が所属する歌手協会に資金を預ければ、有利な配当が得られる”とウソの投資話をもちかけ、現金約650万円をだまし取ったといい、本人も容疑を認めているとのこと。
大月みやこといえば、10回もの紅白歌合戦出場歴があり、代表曲『白い海峡』で日本レコード大賞も受賞した大物歌手だが、被害者は梅原容疑者について「女性は“身なりがしっかりしていて、飲食代もおごってくれたから信用してしまった”と話している」という。
事件を受けて、大月は「一方的に大月みやこの名前を使った事実無根の詐欺行為に、私も大変困惑しております」(一部抜粋)とコメントを発表。また、週刊女性の取材によって被害を受けていた事実を知った70代の女性・Aさんは、「あれ全部ウソっぱちだったの? まさか捕まっていたなんて……」と腰を抜かしていたと「週刊女性PRIME」が報じている。

大月みやこの“妹”と偽り投資詐欺をした72歳の女、1000万円以上騙し取った姑息な手口 | 週刊女性PRIME大月みやこの“妹”と偽り投資詐欺をした72歳の女、1000万円以上騙し取った姑息な手口 | 週刊女性PRIME

編集者:いまトピ編集部