2021/1/26 12:16

松本潤の大河ドラマ主演には“ウラ”がある…NHKの「松潤利用」の思惑とは

サングラス

2023年放送のNHK大河ドラマ『どうする家康』に嵐の松本潤が主演することが発表された。昨年末の『NHK紅白歌合戦』には中継という形で出演した嵐。
「嵐がNHK側の大トリオファーを断ったということで、NHKとジャニーズ事務所の間に遺恨が生じたのではないかと囁かれていました。しかし、その裏では松本の大河主演話が動いていたわけで、実際には遺恨などなく、むしろ蜜月関係が続いていたということなんでしょう」と芸能記者は語る。さらにこの松本の大河主演の裏には、NHKの「ある思惑」が存在するのではないかと言われている。それは近い将来にあるかもしれない“嵐の活動再開”だ。
「グループのプロデューサーである松本をおさえているのだから、もし嵐が再始動した場合、NHKがおいしいところを持っていける可能性が高くなる。それこそ、大河の主演ということで、松本は何らかの形で紅白に出演するはずで、そこに嵐の他のメンバーも集結する……なんていう企画も実現しやすくなる。NHKは、松本の向こう側にいる嵐本体を見据えているのでは」とテレビ局関係者
が語ったと日刊サイゾー が報じた。

松本潤、大河ドラマ主演にはウラがある? NHKはジャニーズと蜜月継続で、嵐再始動の利権を狙うのか|日刊サイゾー 松本潤、大河ドラマ主演にはウラがある? NHKはジャニーズと蜜月継続で、嵐再始動の利権を狙うのか|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部