2021/1/25 22:00

若者の恋愛離れ、「収入・学歴が低いほど草食化」か

デート

2020年11月、東京大学が若者の恋愛離れ、いわゆる「草食化」の研究結果を発表。今や恋愛は贅沢なことになってしまったのか、22日の『ABEMA Prime』で議論した。
草食化に収入や学歴が関係している点について、東京大学大学院特任研究員の坂元晴香氏は「収入が低ければ低いほど、非正規の方や学歴が低い方ほど、交際相手がいなかったり、異性との交際を望んでいないと答えた人が多かった」と話す。また、「少子化対策とか色々言われたり、国も打ち出したりしていると思うが、外から見ていると結婚しなかったり交際をしないのは“若い人たちが積極的じゃないからだ”とか、“若い人たちのやる気の問題、興味の問題だ”と片付けられてしまっている。本来は、若い人たちがそうした結婚後のことを心配しなくてもいいような安定した生活環境があることが大事だし、少子化対策のために最初にやることだと思う。そこがなされないままに、“若い人たちのやる気を”となっていることに違和感を覚えている」と疑問を呈した。

収入・学歴が低いほど草食化?「“若い人たちの興味の問題”で片付けられるのに違和感」 男らしさの押し付けは“呪い”か? 【ABEMA TIMES】収入・学歴が低いほど草食化?「“若い人たちの興味の問題”で片付けられるのに違和感」 男らしさの押し付けは“呪い”か? 【ABEMA TIMES】

編集者:いまトピ編集部