2021/1/25 07:33

未成年わいせつで引退を示唆も「芸能人に怖さを教えてやる」炎上も辞さない

YouTuberAmazon

人気ユーチューバー・ワタナベマホト(28)の一件が波紋を広げている。ワタナベは元欅坂46・今泉佑唯(22)との結婚発表直後の22日、未成年女性へのわいせつ写真要求が発覚し、マネジメント会社「UUUM」を契約解除になった。
人気ユーチューバー「東海オンエア」のてつやが23日、親しいワタナベをツイッターで擁護し、大炎上。その後、事態を把握せず擁護したことを「被害者の方には申し訳ない気持ちでいっぱいです」などと謝罪する事態になった。一方、人気ユーチューバーのシバターは同日、「マホトとRIZINで戦います」とのタイトルで動画を配信。「刑事的な責任を負うのはもちろん、社会的な責任も負わなきゃいけない。かつ肉体的な罰も負わなきゃいけない」となどと断罪し「シバターが制裁マッチを行うことが決定しました」と勝手に宣言した。少女とのやり取りの中で、ワタナベは引退を示唆しているが、本当に引退すると思っている人物は少ない。彼を知るユーチューバーたちは『こうやって謝罪させたら面白い』とか『こう復活させるべき』などさまざまなコラボ案を練っている。今回の件は芸能人も関わっていて一般層を含めて世間が関心を寄せているため、ワタナベが動画に出たら、再生数を確実に稼げるからだという。最近はお笑い芸人やタレントだけでなく、様々な芸能人がユーチューバー界に一気に進出した。それが既存の人気ユーチューバーの再生回数が伸び悩む要因にもなっている。不満を募らせた既存のユーチューバーの中には『芸能人に怖さを教えてやる!』と、炎上も辞さない人物もいると東スポが報じた。

契約解除・引退示唆のワタナベマホトを巡ってまさかの争奪戦が勃発 | 東スポのニュースに関するニュースを掲載契約解除・引退示唆のワタナベマホトを巡ってまさかの争奪戦が勃発 | 東スポのニュースに関するニュースを掲載

編集者:いまトピ編集部