2021/1/25 07:04

真木よう子「絶対許さないからな!」ブチ切れ...松本人志「やめて」困惑

真木よう子

1月22日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に、女優の真木よう子がゲスト出演。真木が“ヒトシ”と連呼する場面があり、MCのダウンタウン・松本人志が「やめてもらえるかな?」と困惑する場面があった。じつは真木のいう“ヒトシ”とは、自身のマネージャーでもある実の弟のこと。「撮影現場で許せない人がいると、僕に近づいてきて耳元でボソっと『おい!あいつボコってこい』(と言われる)」とマネージャー兼実弟から暴露された真木。ただ、真木は「冗談ですよ」と言いつつ、普段から不機嫌になるとマネージャーである弟にあたってしまうことがある様子。松本から「お姉さんにボコられたことは?」と聞かれた弟が「何回もあります」と答えると、真木は「アイツ!本当ちょっと待ってください。絶対許さないからな!」とブチ切れていた。また、弟はイジられやすいキャラで周囲の人から可愛がられるタイプらしく、それが真木は許せないのだという。「ヒトシの方が人気者になってる」「ヒトシの周りに人が集まる」などと“ヒトシ”に対する愚痴が止まらず。「すると、最初は真木の“ヒトシ”呼びをスルーしていた松本が『ごめんなさい!“ヒトシ”やめてもらえるかな? さすがに……』と困惑しながら話をさえぎり、現場は大爆笑だったと日刊サイゾーは報じた。

ダウンタウン・松本人志、真木よう子の“ヒトシ”呼びにガチ困惑「さすがに…」|日刊サイゾー ダウンタウン・松本人志、真木よう子の“ヒトシ”呼びにガチ困惑「さすがに…」|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部