2021/1/25 07:04

岡村隆史「無」怒りや嫌悪の感情もなく、ただただ無表情...騒然

孤独

1月22日放送の『チコちゃんに叱られる!』(NHK総合)での、ある検証が話題になっている。この日テーマのひとつとなったのは、「『空気を読む』とはどういうことか?」。その答えは「0.2秒の本音を見ている」で、『空気を読むを科学する研究所』代表の清水建二氏の解説によると、相手に何かを言われた際、脳はまず直感的な感情を反射的に表情筋に送り、その後理性的な感情を送るとのこと。また、清水氏は21種類の顔の動きを判定する特殊な機械を使って、人の本音を読むこともできると説明。そこでMCの岡村隆史をターゲットに、企画を説明しないまま呼び出し、さまざまな芸能人の写真を見せて、その反射の表情を探っていくことになった。今回問題となっているのは、相方である矢部浩之の写真が出たとき。反射の表情にはなぜかまったく感情が出ず、さらにその後の理性の感情も「無」。矢部について「最近特に思うのは感謝してますね。後輩やったんですけど、うまいこと敬語もなくなってね」と話していたが、いつまで立っても無表情のままだった。この結果に視聴者からは、「なんで無!?」「相方になんの感情もないの面白すぎるでしょ」「なんの反応もないって意外すぎる結果」といった驚きの声で騒然となっていたと日刊サイゾーは報じた。

岡村隆史、相方・矢部への感情は無!? 『チコちゃんに叱られる!』の検証に視聴者が騒然|日刊サイゾー 岡村隆史、相方・矢部への感情は無!? 『チコちゃんに叱られる!』の検証に視聴者が騒然|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部