2021/1/24 13:10

かなりイメージが悪い...「干されて芸能界引退」か、EXIT・兼近大樹はお咎めなし

逮捕

“ゆきぽよ”こと木村有希の自宅で、男性がコカインを摂取し逮捕されていた──。1月21日の『週刊文春』(文藝春秋)が、いまをときめくゆきぽよのまさかの過去を報じている。記事によると、男性が逮捕されたのが2019年5月のこと。「あくまでも過去の事件であるし、ゆきぽよ本人が起こしたことではないとはいえ、“反社”の人物と親密だったということについては、かなりイメージが悪い。今後の仕事にも多少の影響はあるかもしれません」と制作会社関係者。“反社との付き合い”が発覚し、芸能界引退に追い込まれた例としては、お笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也がいる。入江は、振り込め詐欺集団のパーティーの営業を仲介し、複数の芸人を呼んでいたことが発覚し、吉本興業から契約解除となった。一方、本人の逮捕歴が後から発覚したものの、変わらず仕事を続けているのがEXITの兼近大樹だと日刊サイゾーは報じた。

ゆきぽよの自宅で男性が薬物使用発覚の余波 反社との交友で干されてしまう可能性も?|日刊サイゾー ゆきぽよの自宅で男性が薬物使用発覚の余波 反社との交友で干されてしまう可能性も?|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部