2021/1/20 18:07

あのモデルに…性被害を告発「女の子は無理なんです」と何度も拒否

口紅

モデル活動をしながら、選挙の投票の呼びかけや動物愛護活動についてSNSで発信している“社会派インフルエンサー”のラブリ(31)から性被害を受けたと刑事告訴している女性が、経緯を語った。
大手IT企業で働いていた20代後半のA子さんは、ラブリが関わるプロジェクトの責任者に就任。2019年5月、和歌山県白浜町に計5人で旅行することになり、宿泊先のホテルで飲み会をした後の午前4時半頃、A子さんをラブリが襲ったという。A子さんは「ラブリさんは『すごく舐めたいの』と言って私のジャンパースカートをめくり、パンツを脱がせました」と告白。A子さんは「男の子が好きなので、女の子は無理なんです」と何度も拒否したが、ラブリは「女の子も気持ちいいよ」と押し倒し続けたと文春オンラインが報じた。

「社会派インフルエンサーモデル」ラブリの“強制わいせつ”を被害女性が告発(文春オンライン) - goo ニュース「社会派インフルエンサーモデル」ラブリの“強制わいせつ”を被害女性が告発(文春オンライン) - goo ニュース

編集者:いまトピ編集部