2021/1/19 10:32

放送事故寸前…生放送ギリギリ、加藤浩次の裁定によりなんとか…

加藤浩次

日本テレビ系で18日深夜に生放送された「つぶし合いクイズ!悪意の矢」は、24時54分頃までの放送時間内に決着が付かない寸前だった。終盤まで生き残ったのは、靴職人でタレントの花田優一(25)、元衆院議員の宮崎謙介氏(39)、お笑いコンビ「さらば青春の光」森田哲矢(39)の3名。この段階で花田が敗れて退場し、宮崎氏と森田で賞金100万円をかけたクイズ一騎打ちとなるはずだった。ところが放送時間ギリギリとなってしまい、クイズ出題が難しい状況に。結局、司会の加藤浩次(51)の裁定によりじゃんけん決着することに。白熱のじゃんけんは森田が制して賞金100万円をゲットし、なんとか放送時間内に収めていたとスポーツ報知が報じた。

「悪意の矢」が放送事故寸前!?…生放送時間ギリギリで最後はじゃんけん決着のハプニング : スポーツ報知「悪意の矢」が放送事故寸前!?…生放送時間ギリギリで最後はじゃんけん決着のハプニング : スポーツ報知

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(加藤浩次|男性|1969/04/26生まれ|O型|北海道出身)