2021/1/19 08:30

松本人志、本当は約20年前に芸能界を去る予定だった

松本人志Amazon

松本人志が自身の「引き際」について発言し、話題となっている。1月17日放送『ワイドナショー』(フジテレビ系)は、2021年3月いっぱいで22年の歴史に幕をおろす『とくダネ!』(フジテレビ系)の話題を扱った。それを受けて松本はお笑い芸人としての「引退」についてこのように話し始めた。「お笑いはね、ダメになった時ぐらいがまたおもろかったりもする、非常に難しい仕事なんでね。まあ、さすがに65(歳)ではやめようと思ってるけどね。最低でもね。それまで仕事あるかどうかもわからんけど」。松本人志はかつて、40歳引退説を唱えていたこともあった。ダウンタウンとして大ブレイクし、30代に入ったばかりの頃に出版したエッセイ集『遺書』(朝日新聞出版/1994年)でのことだ。
「ぼくのピークといわれれば、わからないですけどね、まあいって四十じゃないですか。そのあと、俳優だとか司会だとか、とにかく形態を変えてまで芸能界に残りたくないですからね。最初の姿勢のままでいきたい」
「お笑いがいかんようになったんやったら、やめたらいい。取り繕って、つぎはぎだらけで残るほど、そない芸能界ってええかなって、ぼくなんかは思いますね」と話していたとwezzyが報じた。

松本人志「引退」示唆…本当は約20年前に芸能界を去る予定だった - wezzy|ウェジー松本人志「引退」示唆…本当は約20年前に芸能界を去る予定だった - wezzy|ウェジー

編集者:いまトピ編集部