2021/1/19 08:04

篠原涼子「もっとしてください」ベッドで懇願

篠原涼子

篠原涼子が性戯シーンを解禁するという、今年放送予定のNetflixドラマ「金魚妻」。篠原は、美容室を経営する夫からのDVに耐える毎日で、家庭という狭い世界で逃げ場のない身を金魚鉢で泳ぐ金魚と重ね合わせていた主婦さくらを演じる。原作漫画をもとに再現すると、さくらは金魚を飼いたいと、足を運んだ金魚店のバツイチ中年店主と親密になり、家を飛び出す。そして金魚店に住むようになり、一線を越えた関係にどっぷりとハマッてしまう。─燃え上がる不貞愛は、さらにエスカレート。まだ明るい昼間、金魚店の鍵を閉め、マッパの2人はベッドでギシギシと音を立ててむさぼり合っている。「もっとしてください。私…帰りたくないです。ずっとここにいたいです」みずから店主にまたがるや、激しい馬乗りの体勢のままそう懇願するのだ。
同じくNetflixで20年12月に放送開始した作品が「今際の国のアリス」だ。ヒロインの土屋太鳳はここで、過去最大の妖艶シーンに挑んでいたと デイリーニュースオンラインが報じた。

篠原涼子×土屋太鳳「解禁性戯」比べ(2)ベッドで「もっとしてください」懇願(1ページ目) - デイリーニュースオンライン篠原涼子×土屋太鳳「解禁性戯」比べ(2)ベッドで「もっとしてください」懇願(1ページ目) - デイリーニュースオンライン

編集者:いまトピ編集部