2021/1/17 14:27

ゲス不倫「この親にしてこの子あり」両親が反論、逆ギレ...「奥さんがかわいそう」容赦ない批判へ

NG

昨年9月に〝白昼ラブホ不倫〟が報じられた、競泳五輪代表・瀬戸大也の両親が、『週刊女性』2021年1月19・26日号でインタビューに応えた。《誰でも書けちゃうデタラメですよ》と怒りを爆発させ、ネット上で物議を醸している。記事によると、瀬戸の両親は一連の騒動について、反論し、不倫現場の写真を撮られたことについて、母親は《大也も相手の女性のことをよく知らないし、関係を持ったのだって1回だけ。2年間(に及ぶ関係)とかもウソですよ》などと答えたという。ネット民からは《何を逆ギレしてるの?『関係持ったのは1回だけです!』って、その1回がアカンやろ》《孫もいる訳だし、『バカ息子がすみません』くらいのこと普通は言うだろ。この親にしてこの子ありとはこのこと》《せっかく終息させようと当事者夫婦が火消しに動いているのに、両親がこうペラペラ喋っては何だかなって感じ》などと、容赦ない批判の声が飛び交っているとまいじつは報じた。

ゲス不倫・瀬戸大也の“両親”に批判の矛先が…「この親にしてこの子あり」 - まいじつゲス不倫・瀬戸大也の“両親”に批判の矛先が…「この親にしてこの子あり」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部