2021/1/17 13:03

ジャニーズ、強制退所へ

泣く

16日、ジャニーズ事務所はジャニーズJr.に「22歳での活動終了制度」を導入することを公式サイトで発表した。ジャニーズは、満22歳到達後の最初の3月31日までにジャニーズJr.としての活動継続について事務所との合意に至らない場合は、ジャニーズJr.の活動を同日をもって終了とするという。なお、この制度は2023年3月31日より適用される。建前としては「ジャニーズJr.の進路を考えて」ということだが、“コストカット”の意味合いが強いのではないかと語るのは大手芸能事務所の幹部だ。「『22歳になったら強制退所』ということではなく、ある程度の仕事を抱えている場合は、Jr.を卒業して通常のタレントとして契約し直すことになりそうだとか。ただ、22歳になってもユニットに所属せず、ソロの仕事なども抱えていない場合は退所ということになりそう」と芸能記者は話したと日刊サイゾーは報じた。

ジャニーズJr.22歳で強制退社?「大幅なコストカットを」年齢制限の設定は給与体制が変わったからか|日刊サイゾー ジャニーズJr.22歳で強制退社?「大幅なコストカットを」年齢制限の設定は給与体制が変わったからか|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部