2021/1/16 19:26

ジャニーズ追放、T副社長は「大嫌い」傲慢な態度が許せず

影

ジャニーズ事務所の東山紀之が、タレント部門のトップになりつつあるという。これまで事務所のトップは近藤真彦だったが、昨年、一般女性A子さんと5年にわたる不倫関係にあることが発覚。

女性誌記者は「事務所のT副社長はマッチのことが大嫌い。同じく東山も、遊んでばかりなのに自分より格上扱いのマッチが気に入らない。T副社長は、自身がタレントを廃業した2018~19年の年越しライブで、マッチが横を向きながら慰労の花束を渡してきた傲慢な態度が許せず、いまだ根に持っているといいます。2人はマッチを追い出すことで考えが一致しているわけです」といい、「マッチは名誉会長であるメリー喜多川氏のお気に入り。メリー名誉会長は経営を退いたとはいえ、大株主。絶対的な発言権を持っています。藤島ジュリー社長の母親でもあるし、うかつなこともできない。そこでT副社長はマッチに仕事を与えず、一方で東山には仕事を増やし、存在感を高める作戦。テレビを見れば一目瞭然ですね。ジワジワの〝マッチ干し〟が進んでいます」と話していると週刊実話Webが報じた。

近藤真彦“追放”で東山紀之「序列1位」へ…ジャニーズT副社長が決断!?近藤真彦“追放”で東山紀之「序列1位」へ…ジャニーズT副社長が決断!?

編集者:いまトピ編集部