2021/1/11 16:02

本当にヒドい『月曜から夜ふかし』激怒…「信じられない」「不機嫌になった」スタッフと絶縁状態になったことも

怒り

1月1日に放送された『月曜から夜ふかし 2021元日スペシャル』(日本テレビ系)に、元棋士の桐谷広人氏が登場。同番組でおなじみの“名物素人”である彼が、ある映画を酷評したとネット上で話題になっている。桐谷氏は、都内にある9つの店舗に足を運び、往復50kmの道のりを自転車で“爆走”。途中で映画館にも立ち寄ったが、鑑賞後に番組スタッフから感想を求められると、『こんなヒドい映画はないと思ったですね、E評価で』と酷評したんです。続けて『私、もう最初から不機嫌になっちゃってね。こんなヒドい主人公を作り出すっていうね。本当にヒドい。信じられないですね』と怒りをあらわにし、番組スタッフに『井筒(和幸)監督みたいじゃないですか』と返されていた。番組では、桐谷氏の鑑賞した作品名は明かされなかったため、ネット上で「あれだけ酷評した映画、一体なんだろう?」「桐谷さんを怒らせる映画、逆に気になるんだけど(笑)」といった声が続出。さらに「まさか『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』じゃないよね?」「『新解釈・三國志』じゃない?」など、“犯人探し”も行われていたとサイゾーウーマンが報じた。

『月曜から夜ふかし』“株主優待生活”の桐谷広人氏が激怒!? 「本当にヒドい」「信じられない」と“酷評”したモノ(2021/01/11 12:00)|サイゾーウーマン『月曜から夜ふかし』“株主優待生活”の桐谷広人氏が激怒!? 「本当にヒドい」「信じられない」と“酷評”したモノ(2021/01/11 12:00)|サイゾーウーマン

編集者:いまトピ編集部