2021/1/11 15:32

いきなり画面から消えて…『バス旅』大ケガしてリタイア寸前「体も精神的にも衰えてきている」致命的なミス連発

バスAmazon

年齢を理由にバス旅を引退した蛭子能収。相棒の太川陽介は続行を希望し、「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」や「ローカル路線バス陣取り対決旅」で今もチャレンジを続けている。だが、その太川にも老化の波が押し寄せているのかもしれない。12月30日放送の「ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅7 京都~姫路城」(テレビ東京系)で、リーダーらしからぬミスを連発し、心配する声が上がっている。ミスの1つがタクシー利用の失敗。せっかくタクシーを利用したのに、使わなかった場合とチェックポイント到達時刻が変わらない結果に。2日目もいきなり大きなミスから始まった。太川は8時30分発のバスをなぜか8時20分と書き間違えるミス。その後の予定が大幅に変わることに。最も驚いたのが有馬温泉に向かって薄暗い夜道を歩いていた時のこと。いきなり太川が画面から消えたと思ったら、道路脇にある幅20センチほどの側溝に足を落とし、そのまま前のめりに倒れた。本人は『大丈夫。いい転げ方した』と強がっていたが、明らかに危険な転び方で、大ケガしてリタイヤすることになってもおかしくない状況だった。体も精神的にも衰えてきているのではないかとアサ芸プラスが報じた。

太川陽介、「バス旅」致命的ミス連発で“老化”が心配される非常事態 | アサ芸プラス太川陽介、「バス旅」致命的ミス連発で“老化”が心配される非常事態 | アサ芸プラス

編集者:いまトピ編集部