2020/12/5 20:56

5日放送『IPPONグランプリ』収録中、隠し通した下半身…「絶対バレたくなかった」

若林

人気芸人がガチンコで大喜利の腕を競う「IPPONグランプリ」(フジテレビ)。24回大会がいよいよ12月5日にオンエアされる。前回優勝者のバカリズム(45)の連覇を阻止するのは? 千原ジュニア(46)、ネプチューンの堀内健(51)、野生爆弾のくっきー!(44)、博多華丸・大吉の博多大吉(49)といった強豪ぞろいのメンバーのなかで、ひときわ注目を集めているのがオードリーの若林正恭(42)だ。すでに番組の収録は終わっていますが、結果はオンエアまで極秘事項になっている。じつは収録を前に、若林は趣味のバスケットボールで左のヒザを負傷。松葉杖がないと歩けないほどの状態。負傷後、別のテレビ番組の収録では、共演者に余計な気を使わせないためか、説明するのが面倒くさいのか、ぶっといズボンをはいてヒザに装着した医療器具をカモフラージュしたり、スタジオ入りする際は我慢して歩いたりと、ヒザのケガを必死に隠していたそう。だが、そんななかでも「IPPONグランプリ」には並々ならぬ気遣いを見せていたようで、11月28日深夜放送の「オードリーのオールナイトニッポン」で、若林はこう語っていた。「なんでかはわからないけど『IPPONグランプリ』のメンバーには絶対、ヒザをケガしていることがバレたくなかったの」 大喜利の真剣勝負の場で、ライバルに不要な心配をかけたくなかったのだろう。ところが、収録の際はスーツ着用だったため、“ぶっといズボン”で隠すことができなかったようで、「25年ぶりにさ、ヒザにテーピングして大喜利やったんだよ。25年ぶりにテーピングして。(高校時代の)アメフトの試合に臨むようなテーピングの上にサポーターしてスーツをはいて、曲がらないようにして。それで大喜利やったんだよね」と壮絶な(?)舞台裏を明かしたのだった。その口ぶりから、“下半身の秘密”が収録中にバレることはなかったようだとアサ芸ビズが報じた。

オードリー若林が「IPPONグランプリ」で隠し通した下半身の秘密とは?  |  Asagei Biz-アサ芸ビズオードリー若林が「IPPONグランプリ」で隠し通した下半身の秘密とは? | Asagei Biz-アサ芸ビズ

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(若林正恭|男性|1978/09/20生まれ|O型|東京都出身)