2020/12/3 11:09

香取慎吾、「いまだに残るジャニーズへの不信」暴露、しかし「木村拓哉は許す」か

ネクタイ

12月1日、香取慎吾(43)がYouTubeに『しんごちんからみなさんへ大切なお知らせがあります・・・【香取慎吾】』という動画を投稿。「来年1月のドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』(テレビ東京系)の出演に向けていろいろ雑誌の仕事が来ている」「1月1日まで、12月はYouTubeを毎日更新する」という告知だった。「香取は“今後YouTuberとして生きていくことになったのかと思った”“なんと、テレビに出れます!”“民放5年ぶりのドラマ!”と発言しているんです。これは、いままでテレビに出られなかったことに対する、元の所属事務所であるジャニーズへの嫌味ともとれますよね……」と女性誌記者は語った。ジャニー喜多川社長の死から間もない19年7月17日、公正取引委員会が“元SMAPの3人を民放テレビ局などに出演させないよう圧力をかけていた疑いがある”と、ジャニーズ事務所を注意していたことがNHKで報じられた。SMAPが解散したキッカケのひとつとして、「木村拓哉(48)と香取の不仲」がよく挙げられる。「木村を許さない」「絶対に木村と仕事をしたくない」と公言していたと、16年9月3日号の『週刊現代』(講談社)では報じている。しかし、19年12月20日発売の『週刊文春WOMAN』(文藝春秋)では、香取初のソロアルバム『20200101(ニワニワワイワイ)』と木村の初ソロアルバム『Go with the Flow』の発売日がわずか一週間違いであることについて、「嬉しいですけどね、なんか。(中略)ずっと僕らは一緒に歌を歌ってきたから……」とコメントしている。解散から時間を経て、心の整理がついたのかもしれないと日刊大衆が報じた。

香取慎吾「いまだに残るJへの不信」と「木村拓哉は許す」の反比例? | 概要 | 日刊大衆 | イケメン | ニュース香取慎吾「いまだに残るJへの不信」と「木村拓哉は許す」の反比例? | 概要 | 日刊大衆 | イケメン | ニュース

編集者:いまトピ編集部