2020/12/2 14:15

『バイキングMORE』最悪な雰囲気、坂上忍が激怒...大トラブル「訴えを起こす」取材ゼロ、最悪な空気

坂上忍

フジテレビが社運をかけてリニューアルした昼の情報『バイキングMORE』だが、先行きが不安視されている。「フジテレビとしては、リニューアルをしたことで視聴率が上向いてきたと自画自賛していますが、結局は裏番組の出来が悪かったときのみ視聴率が上がっているだけの状況です。内容もさほど変わらず、逆に放送時間を延長したのですがその分中だるみして視聴率を落としてしまっている。リニューアルは成功とは言えない現状です」(民放関係者談)「坂上忍からの高圧的な態度がストレスとなりリ、ニューアルとともに降板を申し出た榎並アナですが、代わりに出演が決まったニュース番組『イット!』ではイキイキと仕事をしているようです。それを知った坂上は、後任で進行を務めることになった伊藤利尋アナに対して榎並の悪口を言っているようで、現場の雰囲気は最悪だとか。また、放送時間が延長したにもかかわらずギャラが据え置きだったことに坂上が激怒し、いつやめても良いと豪語しているようで、現場は毎回不穏な空気が漂っている」(フジテレビ関係者談)追い打ちをかけるかのように、番組はトラブルを抱えているという。バイキングMOREが独自取材として執拗に追いかけた『高速道路手抜き工事』問題に関して、一方的に悪者にされた業者が報道内容に関してBPOに訴えを起こすと激怒している。この問題は、そもそも『週刊文春』のスクープなわけで完全にバイキングMOREは後追い。文春の記事なども紹介していたもの。なのに、なぜか文春も伏せていた一次請け業者の社名を実名報道し、さらにこの業者の言い分をまったく反映させない偏向報道をしてしまった。BPOに訴えられれば、間違いなくとりあげられた。バイキングはリニューアルでスタッフが総入れ替えとなった。これまでのバラエティ班から情報制作の部署に引き継がれたのですが、現在のスタッフはニュースを作っていた人間が多く、スクープを取ろうと必死になっている。今回も、これまでならば文春の記事をそのまま報道してコメンテーターに話を振る程度で済ませていたのに、躍起になって文春以上の情報を入れ込もうと動いた結果だそうです。正直、テレビの情報番組スタッフや文春の記者などと比べるとレベルが低く、こういった誤報や偏向報道をしやすい、と日刊サイゾー が報じた。

「バイキング」の週刊誌パクリで業者が激怒! 取材ゼロ報道に文春でも問題視か|日刊サイゾー 「バイキング」の週刊誌パクリで業者が激怒! 取材ゼロ報道に文春でも問題視か|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部
写真:タレントデータバンク
(坂上忍|男性|1967/06/01生まれ|AB型|東京都出身)