2020/11/28 19:11

フジ、織田裕二のご機嫌取り『踊る大捜査線』復活か

織田裕二

10月に最終回を迎えた、織田裕二主演のフジテレビ系月9ドラマ『SUITS/スーツ2』。全話平均視聴率は8.5%とまったく振るわなかったが、シーズン3の制作が濃厚になっているという。視聴率が2桁を超えたのは初回のみだが、それでも月9史上最多となる全15話を完走。『SUITS/スーツ』は、米国の人気ドラマシリーズのリメーク作品であるため、その契約に『シーズン3まで放送する』という条項が盛り込まれていたようだ。それを反故にすれば違約金が発生するのだが、その金額が制作費とほぼ同額なので、それなら放送したほうがまだマシとの判断が下されたのだろう。織田は『SUITS』のクールな弁護士役が気に入っていて、なんとしてもシーズン3をやりたがっている。その交換条件としてフジが狙っているのが、織田の代名詞と言える『踊る大捜査線』の復活だという。現在、アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興行収入が歴代トップの『千と千尋の神隠し』に迫る勢いだが、邦画ではトップ5がアニメ。そこに実写映画ながら6位に入っているのが、興収174億円の『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』。フジは山下智久のジャニーズを退所したことで、ドル箱だった『コード・ブルー』の続編制作が困難になり、頭を抱えている。そのため、織田のご機嫌を取って、なんとしても『踊る』を引っ張り出したいのだろうと日刊サイゾーが報じた。

織田裕二のご機嫌取り?『SUITS』シーズン3と引き換えに『踊る大捜査線』復活か|日刊サイゾー 織田裕二のご機嫌取り?『SUITS』シーズン3と引き換えに『踊る大捜査線』復活か|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部