2020/11/28 18:11

片足を乗せ…25日『ベストアーティスト2020』に衝撃「NEWSの時と違う」

KAT-TUNAmazon

11月25日に放送された『日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2020』(日本テレビ系)で、『KAT-TUN』の上田竜也がファンの注目を浴びた。2015年、上田は『NEWS』の『チャンカパーナ』を披露するメンバーに組み込まれたが、振りを飛ばしたり、間違えたりとミスを連発。そして、今年9月に放送された日テレ系の『THE MUSIC DAY 2020 人はなぜ歌うのか?』でも『チャンカパーナ』をやることになり、ファンの間で『再履修』などとネタにされた。しかし、上田はここで一切踊らず、ポケットに手を突っ込んだヤンキースタイルで歌うパフォーマンスを披露。そして今回のシャッフルメドレーは、各グループからの選抜ではなくグループ単位。上田属する「KAT-TUN」は、『嵐』の『感謝カンゲキ雨嵐』を披露する。上田はセットに片足を乗せたポーズを決めつつ、衣装のマントをなびかせながら、冒頭のラップ詞を力強く熱唱。コンサートさながらの本気のパフォーマンスであり、9月に話題になった無気力さとはまるで正反対だった。この勇姿に、SNSには《上田くん嬉しそうだなw NEWSのときと違うw》《内心めっちゃウキウキだろ》《チャンカパーナは踊らないくせに、兄貴の歌はちゃんとラップする上田くんおもしろすぎ》《チャンカパーナは無表情なのに、感謝感激は満面の笑みで歌う上田》などの声が上がっているとまいじつが報じた。

無気力から一転!『KAT-TUN』上田竜也の熱唱に「NEWSの時と違うw」 - まいじつ無気力から一転!『KAT-TUN』上田竜也の熱唱に「NEWSの時と違うw」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部