2020/11/28 11:15

マジ?『鬼滅の刃』、『ONE PIECE』に忖度か

鬼滅の刃Amazon

人気漫画『鬼滅の刃』のシリーズ累計発行部数が、12月4日発売の最終23巻をもって、1億2000万部を突破することがわかった。10月発売の単行本22巻の時点で、1億部突破となっていたが、今回の23巻では通常版の他にフィギュア付きの同梱版も用意され、同巻の初版はシリーズ過去最多となる395万部となっている。2012年8月に発売された尾田栄一郎の人気漫画『ONE PIECE』のコミックス67巻の初版発行部数が405万部に達し、日本記録になったことから、ネット上では『ONE PIECEに忖度しているのではないか?』と邪推する声が殺到している。ネット上では、《映画の入場特典漫画は450万部が公開3日でほぼなくなったのに…。最終巻395万部は少なすぎでは?》《あーらら、410万刷れよ。どっかの海賊漫画に遠慮したのかな?》《鬼滅最終巻が395万部だけどさ、足りると思ってんのかな? 映画の入場者特典450万がすぐ終わって、今も本屋はコミックス並んでないのに》《今の人気を見るに、全然足りない。鬼滅は最終巻なんでしょ? 最後くらい堂々と花持たせればいいのに》《鬼滅395万部って中途半端だな~と思ったらワンピースへの忖度ってマジ? これが本当だとしたら、ワンピースの作者に小物感イメージ付くだけで何も得しないけどね…》などと疑問の声が上がっている、とまいじつが報じた。

『ONE PIECE』に忖度!?『鬼滅の刃』最終23巻を巡って広がる憶測 - まいじつ『ONE PIECE』に忖度!?『鬼滅の刃』最終23巻を巡って広がる憶測 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部