2020/11/24 15:45

【絶体絶命】後ろ盾・人望・居場所すべてナシ…近藤真彦「芸能界引退」か

近藤真彦Amazon

ジャニーズ事務所の“長男”として我が世の春を謳歌してきた近藤真彦(56)が、「文春砲」で報じられた25歳年下の女社長との5年間に及ぶ不倫愛のツケを「芸能界引退」という大きな代償で支払わなければならない可能性が浮上している。
“無期限芸能活動自粛”という重い処分に決まった近藤だが、ベテラン芸能リポーターは「いつ、誰が近藤の後見人となって復帰を後押しするのか。現状、事務所内を見回してみても適当な人物は見当たらない。そもそも近藤を可愛がり、増長させたのはメリー喜多川ジャニーズ名誉会長だった。しかし、いまは事務所の権限は長女の藤島ジュリー景子社長(54)や元タレントの滝沢秀明副社長(38)らに完全移譲されメリーさんは何の権限も持っていない。このまま行けば、自ら引退を口にせざるを得ない状況です。近藤本人もそのあたりは敏感になっているようです」と話しており、 そもそも、近藤を巡っては大した仕事もしていないのに厚遇されているとしてジャニーズに所属する他のタレントからもクレームが上がっていたとのこと。
 事情通は「近藤はジャニーズの音楽権を管理する関連会社の株を持っていてかなりの高配当があるんです。メリーさんやいまは亡きジャニー喜多川氏の配慮だったそうです。いずれにせよ滝沢体制になってからジャニタレやスタッフへのギャラは平均しては1~3割近く減っている。また近藤は後輩の育成などの類いは一切していないため、若手からの人望はゼロに近い」と話していると「日刊ゲンダイDIGITAL」が報じている。

【近藤真彦】マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ|日刊ゲンダイDIGITAL【近藤真彦】マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ|日刊ゲンダイDIGITAL

編集者:いまトピ編集部