2020/11/24 08:33

失礼だろ『テッパンいただきます』台無しwオファー断れよ、非難轟々...店側までも「ナメられたもんですね」

新庄剛志

元プロ野球選手の新庄剛志が11月17日放送の『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』に出演。激辛で知られる有名ラーメン店でのロケに非難の声が多く寄せられたようだ。スナック菓子のカラムーチョも食べられないという新庄だが、中本の代表取締役・白根誠さんが「中本」でも最高レベルに辛いという、一杯に鷹の爪25本分使われていて、辛い物好きの猛者でも完食は難しいという“北極”に、唐辛子大さじ10杯追加した“北極10倍”を無謀にも注文。驚いたダレノガレが必死に「勧めないです」と止めようとしたが、新庄は「(辛ければ)もう一緒だもん」と聞く耳を持たない。そして、麺をひと口すすると、あまりの激辛に「息ができん」と悶絶。店員に氷入りの水をもらうと、白根さんの許可を得てラーメンに豪快に投入した。そこで新庄が「これ全部食ったらスゴい?」と問いかけると、ダレノガレは「天才です」とキッパリ。この言葉に後押しされたのか、再び麺をすすり始め、千鳥の大悟に「女にホメられたら何でもやるな」とツッコまれた。汗だくになりながらラーメンを食べ進め、意地でもギブアップしたくない新庄は、辛さをやわらげるためにハチミツを容器から直飲み。そして、白根さんに「生まれて初めて(10倍を)食べるやつはいない」と言われると、さらにヤル気をアップさせた。この挑戦を見ていた視聴者は、ツイッター上で「ラーメンに氷水ぶっこむなんて作った人に失礼だろ」「最初から食べられもしないものを注文して、案の定、食べられずに水ぶっかけて台無しw」「水で薄めたところはお店の人に失礼だし、まだギブアップしたほうがカッコ良かったのにね」などと、ラーメンに氷水を入れて食べたことに非難轟々。また、「こんなふうに食べてもらいたくない典型だわ。スープ残すなっての! 中本もこんなオファー断れよ!」「氷水ガッツリ入れて北極10倍完食って、白根社長もナメられたもんですねー?」などと、ロケを受け入れたお店側にまで批判が飛び火していた、と日刊大衆が報じた。

新庄剛志、激辛チャレンジで氷水投入!でラーメン店に「こんなロケ断れよ!」 | 日刊大衆新庄剛志、激辛チャレンジで氷水投入!でラーメン店に「こんなロケ断れよ!」 | 日刊大衆

編集者:いまトピ編集部