2020/11/23 10:59

完全出禁!裸で錦鯉を死なせ社長と絶縁…「紅白」では吉川晃司、長渕剛、サザンオールスターズも

マスコミ

芸能界に多くある「出入り禁止」処分。“若気の至り”から“大人の事情”まで、今だから笑えるエピソードを芸能評論家の宝泉薫が特集した。最大の伝説といえるのが笑福亭鶴瓶の「股間露出」事件で、1975年にテレビ東京の生放送バラエティー『独占!男の時間』の温泉コーナー中に股間を露出。鶴瓶はリハーサルでスタッフにバカにされたことへの腹いせとして、この挙に及んだという。さらにその2年後、最終回にまた呼ばれた鶴瓶は再び下半身を露出。さらに局内の池に飛び込み、当時の社長が可愛がっていた高価な錦鯉を死なせてしまい、テレ東とは絶縁状態が続いた。他にも松本明子、内村光良ほか、「紅白歌合戦」をめぐる出禁事件として吉川晃司、長渕剛、DJ OZMA、美空ひばり、サザンオールスターズについて触れられている。またロケ現場で生まれる“出禁”としては、土屋アンナがNHKのドキュメンタリーの収録でディレクターともめてパンチを浴びせてしまったと報じられ、数年にわたってNHKには出られない状態に。元AKB48の河西智美は『いきなり!黄金伝説』の『節約バトル1ヶ月1万円生活』でスタートから5日後「自宅に荷物を取りに帰る」として、そのままリタイア。前代未聞の掟破りに待っていたのは、テレ朝からの出禁だったという。

「TV局出禁」芸能人のエピソード - goo ニュース「TV局出禁」芸能人のエピソード - goo ニュース

編集者:いまトピ編集部