2020/11/22 19:11

チャンネル変えた…『行列のできる法律相談所』下品すぎて批判「テレビに出さないで」「日曜の夜に見るもんじゃない」

11月15日に放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、ゲスト出演者が“大暴走”するシーンがあり、物議を醸した。
ナジャ・グランディーバは、小さい頃から育てていたガジュマルの木が枯れてしまった時に「家族が亡くなったみたいな感じで。私も一緒に死ぬんかな?っていうぐらい(落胆した)」と告白。そんな時、ナジャはある芸人をテレビで見て、涙を出すほど笑ったという。芸能ライターは「ナジャが『46年間生きてきて、一番笑った』『この人天才やなって思うぐらい、めっちゃ面白かった』と絶賛した芸人は、吉本新喜劇などで活躍する島田珠代でした。実際に島田がスタジオにサプライズ登場し、持ちネタである『パンティーテックス』を披露。その後も、番組MCであるフットボールアワー・後藤輝基の股間を触るなど、下ネタを連発していました」と明かした。
視聴者から「面白すぎて元気出た!」「下ネタがどストレートで、逆にイイ」といった声もあるものの、「めちゃくちゃ下品でシラケた」「セクハラ芸人をテレビに出さないでほしい」「日曜の夜に見るもんじゃない。チャンネル変えた」など、島田に対する批判も多く上がったとサイゾーウーマンが報じた。

『行列のできる法律相談所』、島田珠代の“下ネタ”に賛否両論! 「めちゃくちゃ下品」「面白すぎて元気出た!」(2020/11/22 15:00)|サイゾーウーマン『行列のできる法律相談所』、島田珠代の“下ネタ”に賛否両論! 「めちゃくちゃ下品」「面白すぎて元気出た!」(2020/11/22 15:00)|サイゾーウーマン

編集者:いまトピ編集部