2020/11/22 16:31

『紅白歌合戦』出場…離婚の真相はW不倫か「まさか2人に、関係があるとは思ってはいなかった」

デート

第71回『NHK紅白歌合戦』の出場歌手42組が16日に発表された。昨年の白組トップバッターとして番組を盛り上げた郷ひろみは33回目の出場を果たす。
郷は1987年に元女優で実業家の二谷友里恵氏と結婚。2女をもうけるも98年4月、離婚に至った。かつては「理想の夫婦」ともてはやされていた元夫婦だが、離婚の原因は互いの著書で明らかにしている。同月、著書『ダディ』(幻冬舎)を発売した郷は、会見ではなく同著で離婚を発表。「原因はすべてぼくにあった」とし、離婚の原因は「女性関係だった」と自ら告白。そして、「結婚しているぼくが、してはいけない行為を犯した。友里恵以外の数人の女性と、肉体的な関係をもった」と不貞を赤裸々にさらけ出し、同著は10万部を超えるベストセラーとなった。
芸能関係者は「同著の発売当初、元夫婦の共著であると報道されるも二谷氏はこれを否定。さらに、同著で明かされた二谷氏の恐妻ぶりや2000年8月に再婚した現夫・平田修氏との関係なども記されていたことからマスコミや世間は二谷氏を非難し、“離婚の原因は実は妻の不倫にあった”という類の記事が出回ったのです。これに郷は、『まさか2人(現・平田夫妻)に、男女の関係があるとは思ってはいなかった』と嘆き、二谷氏に不倫の疑惑がかけられたのです」と話しているとリアルライブが報じた。

不倫を認めた郷ひろみ、離婚の真相はW不倫だった? 離婚後も妻からの猛攻撃【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】 | リアルライブ不倫を認めた郷ひろみ、離婚の真相はW不倫だった? 離婚後も妻からの猛攻撃【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】 | リアルライブ

編集者:いまトピ編集部