2020/11/20 07:08

「怪しい点が多々ある」視聴者の指摘で、一気に炎上、裁判へ

悩む

韓国で大ブームを巻き起こしているオーディション番組『Produce 101』シリーズ(以下、プデュ)。視聴者が“国民プロデューサー”となり、多くのアイドル候補生から投票でデビューするメンバーを選ぶという趣旨だが、これまでI.O.IやWanna One、日本でも人気のIZ*ONEといったアイドルグループを輩出した。しかし、この番組をめぐり裁判沙汰が起きている。きっかけは、シーズン4に当たる「PRODUCE X 101」での投票操作疑惑だ。最終投票の結果について、怪しい点が多々あると視聴者から指摘され一気に炎上、韓国の放送審議委員会に対して苦情が殺到した。その後、警察まで動き出す事態に発展し、ソウル中央地裁はプロデューサー等2人の制作陣に対して逮捕状を出したのだった。得票数を操作した疑いで裁判にかけられた2人は一審で有罪判決。そしてこのほど二審でも実刑判決が言い渡された。しかし、日本のレコード会社は韓国のこの騒動に「正直、考えられない」と困惑の色を見せていると日刊サイゾーは報じた。

IZ*ONEにも不正発覚! 韓国オーディション番組“票操作”に実刑判決も「視聴者投票だけじゃ成立しない」のホンネ|日刊サイゾー IZ*ONEにも不正発覚! 韓国オーディション番組“票操作”に実刑判決も「視聴者投票だけじゃ成立しない」のホンネ|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部