2020/11/18 08:22

号泣謝罪に惑わされるな!恐るべき二面性を持つ男「売れていない俳優やスタッフには挨拶もしない」

下半身

道交法違反などの容疑で逮捕、釈放された俳優・伊藤健太郎。伊藤は出演映画の監督である黒木瞳に泣きながら謝罪し、仕事の関係先に謝罪行脚を行いながら、被害者との示談交渉も進めているという。だが伊藤の特徴と言えば「困った時の泣きグセ」だ。5日発売の「週刊文春」でも、恋人とトラブルになった際に伊藤が大泣きする描写があった。業界では「泣いて許すとまた同じことを繰り返す」と警戒も広がっており、過去にも木村拓哉と共演した際は平身低頭だったが、売れていない俳優やスタッフ相手にはろくに挨拶もしない有様で「二面性」があるといい、彼の涙は真に受けない方がいいとTOCANAが報じた。

恐るべき二面性?伊藤健太郎の号泣謝罪に「惑わされるな!」の声!巨額違約金背負い自己破産コースか? - TOCANA恐るべき二面性?伊藤健太郎の号泣謝罪に「惑わされるな!」の声!巨額違約金背負い自己破産コースか? - TOCANA

編集者:いまトピ編集部